2019年08月03日

人工無脳VTuber配信テストをしてみた話

6月頃に自律的に動く人工無脳VTuberプログラムというものを作って、試しにSHOWROOMにて稼働テストをおこないました。


人工知能ではなく人工無脳なのでまったく無意味なことをただ喋り続けるのですが、リスナーさんが書いたコメントから単語を抽出して近い内容のことを喋るようにはなっています。

また、

ラノベ1万冊分を自動生成してみても、人工知能は産まれない


で、生成したラノベ1万冊分をたまにランダムで朗読する機能なども実装しました。

それからもう1ヶ月以上経過しているのですが、個人的にちょっと飽きてきて放置したままで、再開の予定はまだ立てていません(笑)。

リスナーさんとの対話成立を重視しようとすると、現状では大量のスクリプトを持つタイプになるのですが、それは作っていてあまり面白くないですし、文脈を理解させるいいアイディアも思いつかないので、しばらく放置になりそうです。
posted by 妹尾雄大 at 17:50
"人工無脳VTuber配信テストをしてみた話"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。